GARMINのランウォッチと連携が可能になったLINE MUSICは、"福岡マラソンのチャレンジチーム"を通じてランナーの方を音楽でサポートするため積極的に活動しています。今回、LINE MUSICと連携可能になったランウォッチについてGARMIN JAPANの田中さんにインタビューを行いました!


田中さん_01

LINE MUSICと機能連携がされた機種について教えてください。

今回LINE MUSICさんと連携したのは3種類です。一番上のモデルはfēnix 5X Plusで、ビジネスシーンや普段遣いができるものになります。よりランニングに特化したForeAthlete® 645 Musicは、計測などフルマラソンでも対応できますが、軽量化が図られています。最もライトなvívoactive® 3 Musicは、"スマートウォッチ"と呼ばれているモデルで、ランニングはもちろん、マリンスポーツ、ウィンタースポーツなど幅広いスポーツをする方向けになります。
 
田中さん_02

GPSを強みとしているGARMINですが、音楽機能を搭載した意図をお聞きできますか?

私達がマラソン大会でブースを出店する際に行っているアンケートには、「音楽機能を付けて欲しい」との声が多く寄せらせていました。できるだけ身軽に、荷物を少なくして走りたいというランナーの方は多いと思います。スマホが重かったり、イヤホンのコードが邪魔になったり。そんな状況をできるだけ緩和していければと思い音楽機能の搭載を目指しました。
田中さん_03

LINEMUSICとの連携について操作方法や転送方法などを教えていただけますか?

音楽機能を使用するにあたり、デバイスの他にPCとスマートフォン、そしてWi-fi環境が必要になります。PCには(GarminExpress)を、スマートフォンには専用のアプリ(GarminConnect)をダウンロードしていただきます。今回連携したLINE MUSICのプレイリストをデバイスに取り込む場合は、スマートフォンのアプリ(GarminConnect)で操作していきます。具体的に操作方法を説明いたしますね。

1. まずはペアリング作業です
【詳細】→【GARMINデバイス】→【デバイスの追加】よりForeAthlete645Music(以降FA645Music)を選択し、スマートフォン画面の指示に従ってペアリングを進めます。

2. 次にWi-fiネットワークの設定をします
【詳細】→【GARMINデバイス】→【FA645Music】→【一般】→【Wi-fiネットワーク】→【ネットワークの追加・追加したいWi-fiネットワーク名を選択してPWを入力】→【Wi-fiネットワークに接続】

3. CIQアプリのインストールを行います
【詳細】→【GARMINデバイス】→【FA645Music】→【音楽】→【音楽アプリの入手】を選択するとConnectIQストアにページが移動します。【サインイン画面が入力されたらGarminConnectと同じID,PWを入力】→【LINE MUSICのアプリを選択して「ダウンロード」を開始する】

4. インストールが完了したらLINE MUSICとの連携操作です
デバイスの【Downボタン長押し】→【管理】→【音楽プロバイダ】→【LINE MUSIC】→【LINE MUSICとの連携に関する表示がGarminConnectに現れる】→【LINEにログインしてGarminConnectとLINE MUSICを連携させる】 ここまで作業が完了したら、あとはLINE MUSICのプレイリストをデバイスに転送すれば完了します。

5. 音楽データを転送します
【Downボタン長押し】→【管理】→【音楽プロバイダ】→【LINE MUSIC】→【LINE MUSICで作成したプレイリストの表示】→【転送するプレイリストの選択】→【完了】→【音楽データの転送開始】

注意点
※データ転送時には充電ケーブルとの接続が必要です。
※スマートフォンのOSにより操作は異なる場合があります。

3つのモデルとも最大で500曲ほどの音楽データを取り込むことができ、LINE MUSICの曲であれば約100曲ほど可能です。音楽再生やGPS(トレーニングモード)等を使っても最大5時間は使用可能です。デバイスから音楽を聞く場合はBluetoothイヤホンを使用してください。
※イヤホンの種類によってデバイスのバッテリーに影響することはありません。  


参考:ローカル音源の転送方法
ローカルに音楽データをお持ちの方はPCで音楽データを転送することができます。 デバイスとPCを充電ケーブルで接続した状態で、(GarminExpress)を開き、転送したい曲目やアーティストなどにチェックを入れ「デバイスへの送信」を選択する事で転送が可能になります。


田中さん_04

音楽連携をより効果的に使うためのランウォッチの活用法などはありますか?

トレーニングを計測していくと、色々なことが分かってくるかと思います。自分の心拍数やピッチ数などが代表的なんですが、自分に合った理想のピッチ数と走る時に聞く音楽のBPMを合わせると楽に走れるようになるそうです。私の場合は200ぐらいあるロック系をよく聞いて走ることが多いですね。

ありがとうございます!これからGARMINを使われる方や、今使用しているランナーの方にメッセージをお願いします。

自分の目標としている大会に向けて自分に合ったデバイスを是非使用してみてください。使いながらトレーニングを重ねて、最終的に目標に達成した時、『やっぱりGARMINがあって良かった。これがなかったら達成できなかった』って思ってもらえるような製品でありたいと思いますし、すでに活用されている方は、これからも安心して活用できるように常に進歩していきたいと思っています。


スペシャルインタビューはいかがでしたでしょうか?ランニングの楽しさや可能性を広げてくれるGARMINのランウォッチについて話をしていただいた田中さん、本当にありがとうございました!福岡マラソンチャレンジチームの様子はこれからもLINE MUSIC MAGAZINEでお届けしていきますので、是非チェックしてしてください。