福岡マラソンチャレンジチーム

11月11日に開催される福岡マラソン2018! LINE Fukuokaが「OFFICIAL COMMUNICATION PARTNER」として参加するこの大会でLINE MUSICは今年、大会に参加するランナーの皆さんをサポートすべく"チャレンジチーム"を結成しました。チームは一般メンバーと大会アンバサダーとなっている福岡のランニングメディア「effect」さんで構成され、一緒に練習し、励まし合って笑顔での福岡マラソン完走を目指します!


スクリーンショット 2018-09-18 17.15.48

2回目の練習会となるこの日、チャレンジチームはスペシャルゲストをお迎えしました!福岡マラソンの大会イメージソング『顔晴れ』を手がけるアーティスト、Sonar Pocketのeyeronさんと、Garmin Japanの田中さんです。

スペシャルゲスト"Sonar Pocket"のeyeronさん

---本日のチャレンジチーム練習会にスペシャルゲストをお迎えしています!大会イメージソング『顔晴れ』を担当するアーティストSonar Pocket[eyeron]さんです。

---Sonar Pocket[eyeron]さん
皆さんはじめまして!Sonar Pocketのボーカルのeyeronです。自分は初めてのフルマラソンが福岡マラソンで、当時はもう二度と走りたくない!なんて思ってました(笑)完走タイムは4時間11分だったんですけど、自分が思った以上に走れないことがすごい悔しかったですね。それからライブのパフォーマンス向上のために走る機会を増やしていたら、マラソンのタイムも早くなり、今では2時間43分で走れるようになりました。今年も福岡マラソンの大会アンバサダーをやらせてもらい、ファンランで参加させてもらいます。全国から来てくれるファンの皆さんとも一緒に福岡のまちを楽しみつつ、盛り上げていけたらと思っています。
20180828-0018

---どのようにしたら早く走れるようになりましたか?
簡単に言うと〈走る〉ってことなんです(笑)。今月の走行距離は560kmで1日17~18km程度走っています。サブ3(3時間以内に完走)までは距離を走ればいけるようになると思いますよ。チャレンジチームの中には初めてフルマラソンを走られる方もいらっしゃると聞きましたが、初めてのフルマラソンは死ぬほど苦しいです(笑)。だけどゴールしたときの感動は、今まで感じたことのない興奮や自分への達成感が味わえます。やはり人生に1度はフルマラソンを走ったほうがいいと思いますね。

20180828-0020

1回目の福岡マラソンの時はツアー中だったんですが、その時ファンのみんなに「俺、4時間切るから!」なんて言ったんですけど、結果4時間切れなかったんですよ。当時は過信してて『イケるイケる!』なんて18km地点ぐらいまで水も何も飲まず走ったのがダメだったんですけど・・・その後両足つってしまい25km地点でファンの方に両足をマッサージしてもらってなんとか完走したんです(笑)。そんなかっこ悪い経験も今ではいい思い出なんですが、やはり事前準備や水分補給も忘れず に、経験者の話を聞いてマラソンに挑戦するのがいいですよ。無理せず 自分らしく走って完走を目指してください。

---eyeronさんありがとうございます!
そしてもう1人のスペシャルゲストとして、ランニングウォッチが有名なGarmin Japanから田中さんにお越しいただきました。チャレンジチームではメンバーにGARMINウォッチを配って実際に使ってもらいます。ウォッチの使用方法や 効率的な練習方法について伺いました。(詳しくは『GARMINウォッチ編』へ)

練習メニューを覗いてみた!

チャレンジチームはその後、南方コーチと共に福岡ランナーの聖地"大濠公園"での60分jogに加え100m(ダッシュ)×5本を行いました。1回目の練習では途中でウォーキングをはさみましたが、今回は60分走り続けました。

20180828-0159

南方コーチが言うには、60分止まらずにjogができるようになると練習メニューの幅が広がってくるそうです。日々、出来る練習メニューのレベル が上がっていくことで成長を実感できますよね!

練習の最後に行った100m(ダッシュ)はルーチンで取り入れて欲しいメニュー。"足が速い人"を頭の中に思い浮かべ、その人になった気分で走ることが大切で、そうすることで自然と腰の位置が上がり、肩甲骨や股関節を使って全身で走るフォームになります。さらにフォームの改善だけでなく、乳酸に対する耐性を上げたり、色んな効果があるので是非練習メニューに取り入れるよう教えていただきました!

20180828-0168

LINE MUSICによるチャレンジチームの様子はこれからもLINE MUSIC MAGAZINEでお届けしていきますので、是非チェックしてください。

☆「LINE MUSIC」公式アカウントはこちら☆
 LINEアカウント〔LINE ID: @linemusic〕 
 
addfriends
linemusic