10月17日に生配信した「LINE MUSIC EXPRESS #5」に登場いただいたC&Kさん。当日のインタビューをご紹介します。

1017_CK
KEEN / CLIEVY 

福岡マリンメッセの1万人ライブは、大きなターニングポイントになりましたね。

KEEN:初めて1万人規模のライブを行ったので準備も多かったし、スタッフも人数が増え、やらなきゃいけないことが多くて、その時のことは大変すぎて覚えてないですけどね。

そして、今回は東京・両国国技館2デイズ・ライブですね。

CLIEVY:11/3はソールドアウトだけど、11/2はまだ残っているよ。
KEEN:情報ありがとう。
CLIEVY:アンラッキー。
KEEN:まだわからないから、ソールドアウトするかもしれないし(笑)。
 

改めまして、意気込みをお願いします(笑)。

KEEN:今回出したアルバムも『CK MUSIC』というタイトル通り、音楽に特化した曲たちを含んでいるので、2デイズは全然違う形で見せていきます。1日目は、大人な感じで上品な雰囲気を味わっていただくライブに出来ればと。
CLIEVY:空席を除けば、満席だからね。
KEEN:そりゃそうですよ、必ずそうなりますから(笑)。そして、2日目は「THE C&K」というか、上げて下げてのジェットコースターのようなライブと言いますか、それを見せていこうかなと思います。
CLIEVY:そちらの映像をどうぞ。
KEEN:いやいや、まだないから(笑)。
CLIEVY:あ、これから行われるのね。
 

アルバム『CK MUSIC』は好調ですね。

CLIEVY:今日は、このアルバムの中に参加している僕の友だちが、海外から来日していているので呼びたいと思います。あ、来た来た、海外から来た友だちが。
TEE:(スタジオに乱入)ア~、イエ~。
CLIEVY:え、何だって。東京は電車が長くてビックリしてる?あと、友だちもCDを出したんだって?
KEEN:ちょっとちょっと、俺らの時間だから(笑)

アルバムにも収録されている「パーティー☆キング(PxxKxx remix) feat.九州男, TEE」のレコーディングはどうだった?

KEEN:もうこの男(TEE)はパーティー・ピーポーなので。レコーディング中もパーティーでしたね。ガラスを挟んでいても、その熱が伝わって来る位に。マイクの前に(唾とか息がかからないようにする)ポップガードがあるんですけど、それを掴みながら歌う人は初めて見ました(笑)。なんで掴んで歌っているのか聞いたら「誰よりも先に行きたいから」って言ってました(笑)。
CLIEVY:いや、最高だよね。もう会ってから5年くらい経ちますけど。改めて言いたい、アイラブユー
TEE:「5年後のアイラブユー」、俺の曲ね。ありがとう。
KEEN:だから、そっちの2人がユニット感あるんだってば(笑)。

特技はありますか?

CLIEVY:KEENは、空手の世界チャンピオンなんですよ
KEEN:そうなんです。家が空手一家で道場もあって、両親も国体の選手だったんです。
CLIEVY:二人(KEEN、TEE)ともすごいんですよね、チャンピオン同士で。
TEE:僕もボクシングをやっていまして。
CLIEVY:僕はね、ノー・チャンピオンです(笑)。
 

LINE MUSICのように音楽が気軽に聴ける環境について

KEEN:音楽がどんな場面でも気軽にすぐに聴けるのはすごい事だと思いますね。昔は、家に帰らないと聴けないとかありましたから。すごくいい時代になりましたよね。
CLIEVY:これからの小さい子とか、昔はプロ野球選手になりたいとかって子もいたと思うんだけど、そのうち「スマホになりたい」って子も出てくるんじゃないかと(笑)。でもね、僕はずっと惑星になりたい    です。
 

最後に一言お願いします

CLIEVY:ライブに遊びに来て頂ければC&Kの謎が解けると思います。あと騙されたと思って、アルバム『CK MUSIC』も聴いて頂ければわかると思います。
KEEN:こちらにいるTEEも参加しています。音楽に特化した素晴らしい内容になっていると思いますので、是非聴いてみてください。


C&K 公式アカウントはこちらから
addfriends_ja

LINE MUSICのダウンロードはこちらから

57  en_app_rgb_wo_60