10月17日に生配信した「LINE MUSIC EXPRESS #5」に登場いただいた井上苑子さん。当日のインタビューをご紹介します。

1017_Sonoko のコピー
 

11歳から路上ライブをはじめたんですか?

まわりは大人の人が多かったですけど、その時は「自分が小学生だ」って意識があまりなかったんです。やりたいという気持ちと、自分なら出来ると思っていました。

お客さんの反応はどうした?

最初は、誰一人立ち止まってくれなかったです。でも、「これは私が悪いんだ。こういうやり方をしているからだ」と思って。他の路上ライブしている人を見て勉強して改善していったら、見てくれる人が増えていきました。
 

大切な君へ」が、LINE MUSICでは、2015年の新人No.1再生、250万回を突破!どんな気持ちでしたか?

ありがとうございます。実際には250万回って言われても良くわからないんですけど。でも、「この曲聴いたことがある」って、インストア・ライブなどをした時に立ち止まって下さったりするのを見ると、実感しますね。 
 

8月に行われた、東名阪ライブツアーはいかがでしたか?

たくさんの方に来て頂けました。今回、同世代のお客さんがすごく多かったんですよ。同世代の方って、すごく黄色い歓声をくださるんですよ。それが、すごい新鮮で嬉しかったです。

作詞はどうやって考えていますか?

最近は恋愛ソングを書くことが多いので、その時は友だちの恋愛の話だったりとか、少女漫画とかからインスピレーションを受けて書いたりしますね。私は妄想が大好きなので、勝手に話を作ったりします。

新曲「だいすき。」は、どんな曲に仕上がりましたか?

この曲を聴いたら、恋愛をしている方も、していない方でも、曲を聴いただけでキュンとしてもらえるような曲になったんじゃないかなと思います。
 

LINE MUSICのように音楽が気軽に聴ける環境について

私が小学生の時とかは、iPodとかウォークマンとかが流行っていたので、今は皆がスマホで音楽を聴くという手軽さは本当にすごく便利だと思います。私もスマホでしか音楽を聴かなくなりましたし、検索したらすぐ聴けますからね。すごい時代になりましたね(笑)。
 

最後に一言お願いします

改めまして、井上苑子と申します。自称「関西のちっちゃいおばちゃん」です(笑)。私は、高校三年生の17歳なんですけれども、今後もいっぱいライブをして、たくさんの方に観に来ていただけるように、皆と一緒に楽しめるような音楽を作っていきます。良かったら皆さん、応援宜しくお願いします。


井上苑子 公式アカウントはこちらから
addfriends_ja

LINE MUSICのダウンロードはこちらから

57  en_app_rgb_wo_60