12月10日に生配信した「LINE MUSIC EXPRESS #9」に登場いただいたHIPPY with スペシャルゲスト板野成美さん。当日のインタビューをご紹介します。


IMG_0628

左:HIPPYさん 右:板野成美さん

HIPPYさんと板野成美さん、どういう関係ですか?

HIPPY:今回出たアルバムの中で、「Last Love」という曲がありまして、そのミュージックビデオに出演して頂きました。
板野:「Last Love」を聴かせていただいて凄く共感出来たので、この作品に携われたことが嬉しくて。それと同時に、ミュージックビデオ出演が初めてだったので不安でもありました。
HIPPY:最初に微笑むシーンがあるんですけど、そこから「成美ちゃんで良かった」とすぐ思いました。何回も自分のミュージックビデオを見て、嬉しくて。今日の共演もどれだけ楽しみにしていたことか。
板野:ありがとうございます。

今日は更にスペシャル・ゲストが登場です。

HIPPY:はい、僕の役者仲間を紹介させてください。カモーン!(「とまん」さん、「バトシン」さん登場)
バトシン:宜しくお願いします。
とまん:普段はXOX(キス・ハグ・キス)というグループとしても活動していまして、今日はHIPPYさんの役者仲間として来ました。
 

2人から見てHIPPYさんはどんな方?

とまん:初めて会った時は、頭に羽が付いてて、恰好もパワフルだったので身体も大きいしインパクト大でした。普通の人でないと思いました。
バトシン:(「原宿ドラゴン」の中でHIPPYさんが)演じた役もオカマの役でしたしね。どっちなんだろうなっていう(笑)。
HIPPY:オカマ役で出たんですけど、役名もHIPPYだったので、そのままそう思ってる方も多いと思います、本気で男の子を連れて帰ろうとするシーンもあり(笑)。
 

では、改めましてアルバム「HIPPY DO IT!!」はどんな仕上がりになりましたか?

HIPPYアルバムは全11曲、色んな曲調があるんですけど、その根本は「ありがとう」という感謝の気持ちが込められています。活動14年目にして、初めてのソロ・アルバムなのでメチャクチャ嬉しいんですよ。1曲1曲にアルバ1枚分のカロリーを込めてます(笑)。何度か折れそうな時期もありましたが、続けてこれて今がありますね。

同じ事務所:TEEさんとの共演などで得たものはありましたか?

HIPPYTEE君は(同郷の)ご近所の仲間であり、事務所が一緒で、ずっと僕の前を走ってくれている仲間です。今回一緒にやった曲でも勉強になる部分や、吸収させてもらったことがありましたね。広島の二人で騒がせていければと思います。
 

LINE MUSICのように手軽に音楽が聴ける環境について

HIPPY:気軽に知ってもらえるきっかけが出来ていると思っていますね。アルバム「HIPPY DO IT!!」も是非、聴いて欲しいです。




LINE MUSICのダウンロードはこちらから

57  en_app_rgb_wo_60