10月7日に生配信した「LINE MUSIC EXPRESS #4」に登場いただいたUna(ユウナ)さん。当日のインタビューをご紹介します。

IMG_7240

Shimauta」は、THE BOOMのカバーですか?

そうなんです。THE BOOMさんの名曲を私なりにカバーさせて頂きました。VERBALさんと一緒にRAPの詞も書きまして、新しい感じになっています。

何故この曲をカバーしようと?

VERBALさんと一緒にやろうとなった時に、私が沖縄出身なので沖縄の曲をカバーしようという話になったんです。THE BOOMさんの「島唄」は小さい頃から聴いていましたし、大人になって東京に出てきてもカラオケで歌う曲なんですよね。そういう曲を、私よりもっと若い世代の方にも聴いてもらえるっかけになれたら嬉しいと思いました。
 

名曲ということで、かなり勇気もいりますよね?

そうですね。でも、小さい頃から聴いていた曲だったので、自然に気持ちを入れてレコーディングが出来ました。
 

アーティストとモデルとして活動されていますが、いつ頃からファッションは興味があったんですか?

高校生くらいの時に、友だちとファッション誌を読むようになって、そこから徐々に興味を持ちました。

いつもどうやって1日のコーデを決めていますか?

最近、スニーカーばっかり履いてたんですけど、今日は、ラバーソウルが急に履きたくなったんです。そこからトップスを決めていきましたね。何か1個決めて徐々にコーデするか、前の日に見た映画に影響されたりとか、ですね。昨日は何か世の中に反発したいことでもあったのか(笑)。

アーティスト活動とモデル活動の違いはある?

私は原宿系のモデルとしての活動なので、私服での着こなしで雑誌に載っていたりしていますし、どちらも自己表現のひとつとして行っていますね。衣装も自分でコーディネイトしたりとか、私物をミックスしてスタイリングすることも多いです。

Unaさんの夢やゴールは?

沖縄から東京に出てきて、音楽やファッションが好きで、こういうお仕事をさせて頂いているので、唯一無二の存在として発信出来る人になりたいと思います。

UnaさんはLINE MUSICのティザー映像に出演されていましたね。

映像の中で足を上げているのが私です。ダンサーの方々と共演させて頂いたんですけど、私がクラシック・バレエをやっていたので、足を高く上げて欲しいというリクエストがあってやりました。

LINE MUSICのように手軽に音楽が聴ける環境について

東京に出てきて思うんですけど、皆さん通勤、通学とか外で一人の時間も多いですよね。そういう時に、生活の一部として音楽を聴けるという、新しい時代に合った聴き方だと思います。



Una公式アカウントはこちらから
addfriends_ja

LINE MUSICのダウンロードはこちらから

57  en_app_rgb_wo_60