10月7日に生配信した「LINE MUSIC EXPRESS #4」に登場いただいたMs.OOJAさん。当日のインタビューをご紹介します。

IMG_7238

歌を生業にしようと思った瞬間はいつですか?

17歳の時、初めてステージで歌ったんです。その時に、何の根拠もなかったんですけど「私はこの世界で生きていく」と確信しました。でも、デビューしたのは28歳のとき。歌が好きで、10年以上諦めなかったので、デビュー出来たんだと思います。

現場で鍛えられてきたイメージがありますが、やめようと思ったことはありますか?

クラブシーンでずっとライブをしてきたので、パフォーマンスは鍛えられましたね。「歌をやっていなかったらどうなっていたのかな?」って思ったことはあります。長い間デビュー出来なかったし、普通に働いていましたから。

何か支えになったものはありましたか?

歌を歌った時に友だちが“声が好き”だと褒めてくれたんです。クラブで歌い始めた頃は、全くお客さんもいなかったんですが、最前列で友だちが応援をしてくれたおかげで頑張れましたね。応援してくださる方は大事ですね。

ドラマの主題歌にもなった「Be...」が大ヒットし、代表曲となりましたね。

この曲で、Ms.OOJAを知ってくださったという方もたくさんいますね。
 

カバーアルバムも好評ですが、カバー曲は難しくないですか?

そうですね、名曲をカバーさせて頂くことが多いですが、その名曲を歌えるというのは歌手としてすごく嬉しいというか。その名曲に胸を借りて自分の力を試せるいい機会だと思っています。名曲を生み出してくださったアーティストの方に感謝していますね。

選曲はご自身でされていますか?

毎回必ずカラオケに行って、スタッフの前で歌ってみて意見を聞いていますね。


「1/fのゆらぎ」という声の成分をお持ちなんですよね? これは美空ひばりさんや宇多田ヒカルさんも持っているそうですが。

そうなんです、日本音響研究所で調べてもらいました。まさか自分の声にその成分があると思わなかったので嬉しかったですね。
 

LINE MUSICのように気軽に音楽が聴ける環境についてどう思いますか?

Ms.OOJAという存在と音楽を知ってもらう、いい機会だと思っていますね。

最後に、12月から始まるツアーについて教えてください

今回、初めてのホールツアーになります。来年(2016年)のメジャーデビュー5周年に向けてのツアーですね。Ms.OOJAの歌声と音楽をいい環境で聴いていただきたいですし、日頃のストレスを全部持って発散しにライブに来て下さい。



LINE MUSICのダウンロードはこちらから

57  en_app_rgb_wo_60