9月30日に生配信した「LINE MUSIC EXPRESS #3」に登場いただいたPSYCHO LES(THE BEATNUTS)(サイコレス(ビートナッツ))。そのインタビューをご紹介します。


サイコレス


Q. 日本には何度目?

沢山だよ。94年から来ているよ。

Q. 日本でお気に入りの場所や食べ物は?

全部いいよ。食べ物も飲み物も、人も全部好きだよ。

Q. SOUL CAMP 2015では、特別なパフォーマンスはある?

全てのステージは違うし、全て同じにはなりようがないね。同じ曲をやったとしてもバイブスもそれぞれ違うしね。ドープなものにするよ。

Q. 一番観たいアーティストは?

昨日も遊びにきてたけど、ビズ・マーキーも見たし、コモンもタリブ・クウェリもいい感じだったよ。今日はロード・フィネスはさっき見たけどクレージーなステージだったし、ローリン・ヒルも観衆をワッといわせるだろうし、みんなのショウをみるのが楽しみだよ。みんなのファンだしね。

Q. 今と昔でヒップホップ・シーンは変わった?

音楽自体が変わっていったよね。みんなサンプリングするのをビビってるし、みんな自分で作ってるけど作り方分からなくて、結果良くない音楽をプレイしている。もし音楽をプレイするんだったら、リアルなグルーヴやメロディーがある音楽にしてほしいね。「ガー」「イー」「プー」みたいな大きなノイズは止めてほしいね。ビートナッツはいつもグルーヴやメロディーがあるだろ。それがないものは全部ノイズだよ。

Q. あなたにとって、90年代のヒップホップとは?

オールド・スクールがあって、ニュー・スクールがあって、90年代ヒップホップはその真ん中の「トゥルースクール」だよ。一番だよ。シュガー・ヒル・ギャングの様なオールドスクールでもなく、ドレイクの様なニュースクールでもなく、本当に真ん中。90年代ヒップホップはアンタッチャブルだよ、本当に。

Q. ビートナッツのような音楽センスを磨くには?

ネタを探す時、あらゆるところに行くよ。特定のカテゴリもないよ、何でも。サントラ、キッズ音楽、ロック。あ、日本のサントラもやばいよ、クレイジーだね。今回は時間ないけど、次回来る時は探しにいくよ。

Q. 日本のヒップホップシーンについて

いつも最高だよ。ドープだよ。ビートもクレイジーだしね。あ、こないだ日本人の女性R&Bアーティストとのコラボしたよ。ビートがファンキーだったら誰とでもやるよ。

Q. 最後メッセージがあればお願いします

リアルに生きて、自分に素直でいろよ。もしアーティストなら、独自性を持て。それが成功へのキーだよ。俺が出たての頃はそれがすごく重要で、今は全員同じで良くないから、オリジナルでいてほしいよ。



“【THE BEATNUTS】ビート狂”
プレイリストをLINE MUSICで聴く

listen