9月30日に生配信した「LINE MUSIC EXPRESS #3」に登場いただいたCOMMON(コモン)。そのインタビューをご紹介します。

コモン


Q. 日本には何度目?

もう多分6回か7回はきているね。

Q. 日本でお気に入りの場所や食べ物は?

渋谷はお気に入りだね、ただもう10年も前に来た以来だから新しい場所を開拓しないといけないね。
渋谷はすごいクールだよ、前来た時はクラブクアトロでライブをしたし、その後に買い物も出来るしね。

Q. SOUL CAMP 2015では、どんなパフォーマンスを?

自分は変えられないし、他のアーティストもそれぞれ自分達のスタイルがあると思うよ。SOUL CAMPではオリジナルでユニークなスタイルを披露すると思うよ。ビズマーキー、タリブ・クウェリ、ローリン・ヒルやみんなもオリジナルなものをやると思うよ。自分は自分一人しかいないから、自分なりのオリジナルのパフォーマンスをファンに届けたいね。

Q. 日本のヒップホップシーンについて

僕が知っている日本のシーンは常にユニークでオリジナルだよ。日本のアーティストの、オリジナルで日本をレペゼンしているスタイルに敬意を示すよ。僕は日本語がよく分からないけれど、彼らが日本独自のカルチャーを大事にして、それを反映したソウルをもっていることが音楽から伝わってくるよ。

Q. あなたにとって90年代のヒップホップとは?

特別な存在だよ。90年代から活動を始めたしね。人生で一番楽しかった時代だよ。音楽的にも私の人生の中でもね。ア・トライブ・コールド・クエスト、スヌープ・ドッグ、ビギー(ノトーリアス・B.I.G.)、2パック、ブラック・スター、DMX、JAY-Z、NASが出てきた時代だし。70年代がロックであれば、90年代を代表する音楽はヒップホップと誰かが言ってたけど、それは正しいと思うよ。モブ・ディープやウータン・クラン、ファーサイドや他の90年代のヒップホップ・アーティストは、その時代の伝説的なアーティストとして今後も受け継がれていくはずだよ。

Q. 最後メッセージをお願いします

今回も日本に来れた事をとても嬉しく思うよ。日本の皆さんからの愛を、アメリカから来るアーティストはいつももらっている。日本でとても楽しい時間を送ろうと思っているので、待ってて欲しいよ。



“【COMMON】孤高のリリシスト”
プレイリストをLINE MUSICで聴く

listen